会則について

懲戒規則

第1条 趣旨

この規則は、次の各号に規定する日本肩関節学会会員(以下「会員」という。)の取り扱いについて定める。

  • (1) 「医道審議会の答申」に基づいて厚生労働大臣より行政処分を受けた会員
  • (2) 日本肩関節学会の名誉を傷つけたと理事会が認めた会員

第2条 定義

前条第1 号の会員は、日本肩関節学会定款(以下「定款」という。)第9条にいう「本学会の名誉を傷つけた者」にあたり、除名処分の対象者とする。
2 会員資格の停止期間中は、定款及び会員規則等で定める会員の権利を停止する。

第3条 弁明の機会

前条の対象者には、原則として弁明の機会を与えなければならない。

第4条 会員資格停止の期間等

会員資格停止の期間は、月を単位とし、1年以下とする。必要と認めたときはこの期間を延長することができる。
2 会員資格の停止期間中は、定款及び会員規則等で定める会員の権利を停止する。

第5条 再入会

この規則を適用して除名された者は、行政処分を解かれたのち2年を経過しなければ本学会の会員になることができない。再入会の申出は、定款第6条及び日本肩関節学会会員規則の定めるところによる。

第6条 補則

この規則の改正は、理事会および社員総会の承認を必要とする。

附 則

この規則は、一般社団法人日本肩関節学会の設立の翌日から施行する。


ページの先頭へ

お問い合わせ
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12 三田MTビル8階
株式会社アイ・エス・エス内
一般社団法人日本肩関節学会 事務局
TEL:03-6369-9981 / FAX:03-6369-9982
E-mail:office@shoulder-s.jp


Copyright (c) 1974 Japan Shoulder Society All Rights Reserved.